2010年05月29日

犬がおとなしく留守番できるCD(産経新聞)

 ■帝京科学大、CDメーカー、ペットショップ共同開発

 留守番中に部屋で暴れる室内犬に聴かせるとおとなしくなるという音楽CDが、ペットブームを背景に話題になりつつある。「〜Dreams for Dogs〜(ドリームス・フォー・ドッグス)」。帝京科学大学(東京都足立区)とCDメーカー、ペットショップの三者が共同開発した。実験結果をまとめた論文を北欧スウェーデンで7月に開催する国際的な学会の会議で発表するという。

 留守中にほえ続けたり、部屋に置いてあるものを噛(か)んだりする室内犬に悩む飼い主が増えている。CDは、こうした室内犬を音楽でおとなしくさせようと企画。同大の生命環境学部アニマルサイエンス学科の小川家資(いえじ)教授が中心となり昨年4月から約5カ月、実験した。

 一人暮らしの同大の学生とペットの犬(小型から中型の室内犬)計8組に対し(1)単調なクラシック音楽(2)こうした音楽に人も犬も不快にならない程度の生活音を混ぜたもの(3)抑揚のあるクラシック音楽のみ−など計6種類の音楽を毎週5日間、計5週間連続で聴かせた。すると、(2)では飼い主の外出が長時間の場合、犬がおとなしくなって眠り始めるなど効果があったという。

 CDには実験に使った約300曲の中から、効果が高かったチャイコフスキーの「花のワルツ」やスメタナの「モルダウ(我が祖国より)」など全11曲を収録。どの楽曲にも、ごく小音量で子犬やカラスの鳴き声や食器がカチャカチャ鳴る音など、日常生活ではごく普通の生活音を混入してある。4月下旬からペットショップを中心に扱っているが、口コミで話題を集め始めているという。

 小川教授らは、7月1日〜4日にスウェーデン・ストックホルムで開かれる「人と動物の関係学会国際会議(IAHAIO)」に出席し、このCDの効果を裏付ける実験の概要や結果をまとめた論文を同3日に発表する。

 小川教授は「犬がクラシック音楽を理解するとは思えないが、混入させた生活音が犬たちに安心感を与えているようだ。あまり期待せず実験に入ったが、6種類の音楽でそれぞれ大きな反応の違いが見られ、予想以上の成果を得た」と話している。(岡田敏一)

<板橋・資産家夫婦殺害>妻のかばん未発見 強盗容疑が浮上(毎日新聞)
法人税引き下げ提示 民主マニフェスト企画委(産経新聞)
自治労、普天間の日米共同声明の撤回要求(産経新聞)
<民主党>公約半分は着手と自賛−−集計(毎日新聞)
<パパイア>遺伝子組み換え輸入品、夏にも解禁(毎日新聞)
posted by ぼっくりさん at 19:52| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

哨戒艦事件 政府、対北追加制裁検討など確認(産経新聞)

 政府は24日、韓国の李明博大統領が北朝鮮による韓国哨戒艦沈没事件を「軍事的挑発」と非難、国連安全保障理事会への問題提起を表明したことを受け、首相官邸で安全保障会議(議長・鳩山由紀夫首相)を開いた。会議では、(1)韓国政府を強く支持する立場から、国連安保理での対応も含め日米韓3カ国の連携を強化する(2)北朝鮮に対する新たな制裁措置を検討する(2)北朝鮮を念頭に置いた貨物検査特別措置法の早期成立を図る(4)朝鮮半島情勢の情報収集を強化する−との方針を確認した。

【関連記事】
【佐藤優の地球を斬る】挑発許さぬ毅然とした態度を
韓国政府、北朝鮮との交易・交流を中断 韓国民の訪朝を原則禁止
調査結果は「宣戦布告だ」 北朝鮮紙、対決姿勢強調
米中経済・戦略対話、北京で開幕 韓国艦沈没事件で対応協議
韓国大統領、北朝鮮に謝罪と関係者の処罰を要求 国民向け談話
虐待が子供に与える「傷」とは?

<訃報>森下元康さん73歳=日本のアマ・オケ界育成に尽力(毎日新聞)
<国民新党>江本氏を公認(毎日新聞)
組幹部観戦席手配の親方2人、相撲協会が処分へ(読売新聞)
<稲穂>枝増やす遺伝子を名大チームが発見 最大52%増も(毎日新聞)
<天気>名古屋は真夏日か 各地で暑い1日に(毎日新聞)
posted by ぼっくりさん at 17:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

<淀川女性遺体>「息子引き取りたい」職求め全国転々(毎日新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防斜面で先月29日、遺体で見つかった宇野津由子(つゆこ)さん(当時36歳)は派遣切りで職を失い、今年初めまで大阪府松原市の雇用促進住宅で暮らしていた。「住み込みの仕事が見つかった」と大阪府豊能町に越したが、わずか数カ月後、遺体で発見された。事情があって子どもと離別し、派遣労働者として各地を渡り歩いていた。「お金をためて、いつかは子どもを引き取りたい」。知人に漏らしていた夢がかなうことはなくなった。

 知人らによると、宇野さんは離婚後、福岡市のアパートで生まれたばかりの息子と2人で暮らしていた。しかし、家賃を滞納し部屋を飛び出した。その後、長野、愛知などを転々とし、部品製造工場などで派遣労働者として働いた。その間、息子は施設に預けた。

 08年末、景気悪化で派遣労働者の解雇が相次ぎ、「年越し派遣村」が設置されるなどした。宇野さんも愛知県で「派遣切り」に遭い、09年1月、職探しの間、低家賃で住める松原市の雇用促進住宅に移り住んだ。4畳半と6畳の和室2間で家賃は約2万円。引っ越しの際、宇野さんは衣服が入ったかばん二つしか持っていなかった。

 自治会長の男性(68)は「何も持っていなかったので、こたつや蛍光灯をあげた。その日の食べ物にも苦労している様子だった」と振り返る。

 派遣先で知り合った女性2人が後から越してくると、宇野さんは「こたつもあるし、お金も節約できるので一緒に住もう」と提案し、部屋に招いた。このうちの1人で沖縄に住む女性(23)は「彼女はよく笑う明るい人だった。『いつかお金をためて子どもを引き取りたい』と言っていたのに……。事件に関与した人は許せない」と言葉を詰まらせた。

 女性2人は実家に帰った。自治会長の男性によると、残った宇野さんは寂しそうだった。しかし今年に入って「住み込みの仕事で豊能町に行く」とうれしそうに報告してきたという。

 それから約3カ月後、宇野さんは遺体で見つかった。15日、宇野さんは大阪市内で荼毘(だび)に付された。実父らが見送った。

71歳夫婦留守の間、1200万円金庫盗難(読売新聞)
誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望―消費者庁(時事通信)
温暖化解決の根拠のはずが…揺らぐIPCCレポートの信用性(産経新聞)
中大で替え玉受験 合成写真見抜けず、合格取り消し(産経新聞)
壊れたファミコン、今も修理できる?(産経新聞)
posted by ぼっくりさん at 23:50| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。