2010年01月19日

<普天間移設>複数案に否定見解 駐日米公使(毎日新聞)

 ロバート・ルーク駐日米公使は12日、国民新党の下地幹郎政調会長と党本部で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「検討されたことがある案が出てきても一から検討することはない。報道されていない新しい案が出てきた時だけ、我々は検討する」と述べた。

 移設先候補としては沖縄・下地島など複数の案が報道されている。公使は具体的な地名に言及していないが、こうした案にも否定的な見解を示したとみられる。【朝日弘行】

【関連ニュース】
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
舛添前厚労相:小沢氏資金問題、通常国会で追及
平野官房長官:下地島など離島、上空から視察 基地問題で
社民・福島党首:普天間移設で米議員と会談
安保条約改定50周年:日米首脳の共同声明発表へ

米国務長官が日本のエコカー補助に「排他的」 (産経新聞)
北新地の芸妓ら商売繁盛祈願 大阪天満宮(産経新聞)
有床診の発展には「制度的位置付けを」−日医検討委が報告書(医療介護CBニュース)
大阪でコンビニ強盗相次ぐ(産経新聞)
<普天間移設>岡田外相が米副司令官と会談「5月まで結論」(毎日新聞)
posted by ぼっくりさん at 08:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。