2010年01月18日

名護市長選、普天間に影響も=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は17日午後、同日告示された沖縄県名護市長選に関し「どのような方が選ばれるかということは、それなりの判断になる可能性はある」と述べ、選挙結果によって、5月までの決着を目指す米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の新たな移設先の検討作業が影響される可能性を認めた。神戸市内で記者団に語った。
 首相は同時に、政府・与党の「沖縄基地問題検討委員会」に触れ、「まずはしっかりと検討していただくということに尽きる」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
3新人が届け出=宮崎市長選
稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点
検察批判ではない=自らの発言を釈明
名護市長選をめぐる動き

政党交付金見えぬ使途、自由党解散で返納せず(読売新聞)
小沢氏が首相と対応協議(時事通信)
インド洋給油、終結を命令=新テロ特措法が期限切れへ−北沢防衛相(時事通信)
<ES細胞>がん抑制遺伝子がスイッチの役割と発見(毎日新聞)
日医と民主党のバトル再開へ 開業医の再診料下げめぐり(産経新聞)
posted by ぼっくりさん at 14:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。